Author: admin

サイトワイド / Site Wide / サイトワイド・リンク

サイトワイド 「サイト全体」「サイト共通」という意味。ROS(Run of Site)とも言う。ブログやCMSの場合、ヘッダやフッタ、サイドバー等の共通コンテンツを「サイトワイド」と呼ぶ。 質の低いサイトからのサイトワイド被リンク(サイトワイド・リンク / Site Wide Inbound Link)は旧来のSEO手法として多用されたため、ペンギンアップデート等でスパムと判定されるケースが増えている。 Googleの自動判定アルゴリズムはサイトワイドからのリンクを1つに束ねて判定するため、SEO対策としての効果は薄く、リスクが強調される傾向にある。このため、1ドメイン1リンク以上は意味がない。スパムをターゲットとしたペンギンアップデート等のペナルティアルゴリズムは、これらサイトワイドリンクをマークし目視による判定を行っている。

ROS / Run of Site

アール・オー・エス。Run of Siteの略語。サイトワイドの同義語。ROSリンクとはサイト全体にアウトバウンドリンクを設置する被リンク対策(リンクビルディング)を指す。 現在のGoogle検索ではリンク数に関わらずドメイン1つに1つの評価しか与えないためROSリンクは意味が無く、むしろペナルティと判断されマニュアル・アクション(Manual Action / 手動ペナルティ)の対象となる場合がある。

スクレイピング(ウェブスクレイピング)

ウェブスクレイピング(Web scraping)とは、ウェブサイトから情報を抽出するコンピュータソフトウェア技術のこと。-Wikipedia スクレイプ scrape(英)翻:かき集める、削る ウェブサイトの一部分だけを抽出し、データの必要な部分だけ抽出して利用し、「価値あるページ」とするもの。人が一定視点で編集することで、検索エンジンの検索結果よりも精度の高いリンクコンテンツ集になるなど、人の力でスクレイピングしたコンテンツは一定の需要がある。 スクレイピングで最も成功した事例は「Naverまとめ」であろう。 スパムとしてのウェブスクレイピング 一定の思想、思考に基づいたスクレイピングは需要が有り、それを認知してか、Googleの評価が必要以上に高い。記事作者本人サイトより、Naverまとめに要約だけ載せたサイトの方が上位になってしまう事態も起きている。 機械的なスクレイピングの意図は登録したRSSなどからコンテンツを大量にスクレイピングし、コンテンツスパム化したサイトを、対パンダ用に悪用した。

欧米と日本のシェア格差

2006年第一四半期決算で米Yahoo!は売上高が15億6700万ドル。(前年同期比34%増)、純利益が1億6000万ドル。(同22%減)。純利益が減少したのはストックオプション費用を計上したためで、これを除くと実質的な純利益は2億3100万ドル(同19%増)となっていました。  対してGoogleは売上高が22億5000万ドル(前年同期比79%増)、純利益が5億9200万ドル(同60%増)とそれぞれ過去最高を更新しました。 第2四半期(4〜6月期)決算は、売上高が前年同期比で77%増えて24億6000万ドル、純利益は7億2100万ドル。(1株当たり2.33ドル。)となり、さらに拡大。 (電通のグループ連結売り上げが年間約2兆円:1ドル=110円換算で180億ドル。) 10年前の検索エンジンの収益です 当時のシェアは欧米ではGoogle=50〜60%に対しYahoo!は30%を切っています。MSNに至っては10%以下でした。 10年後の現在 10年経った現在、Google決算は増収増益 通年売上高は500億ドルを突破し、シェアは世界的にも平均60~70%をキープ。当時より人口は圧倒的に増えていますからGoogleの高いシェア維持が売り上げの中心である事が判ります。 特に日本ではのGoogle検索のシェアは圧倒的です。 かつてYahoo!サーチが70%を超え、Yahoo!カテゴリとも活用されていました。対してGoogleは30%〜50%で推移、MSNも30%に近かったのです。(総計が100%超えてしまうのは調査が複数回答のため。ニールセン調べ) しかし、いまではYahoo!日本がGoogle検索を採用しているためシェアは95%!? 独占状態です。Yahoo!も独自の改造を行っていますが、今後も当面はGoogle優勢となります。よって、SEO(Search Engie Optimization)といえばGoogle検索対策なのです。

検索エンジンとは

検索エンジンは「傲慢で、自己中心的で、利益主義」です。 「傲慢」・・・検索エンジンは独自のアルゴリズムとキーワード辞書、キャッシュの解析システムで成立しています。 「自己中心的」・・・検索エンジンロボットのクロールは気まぐれ(に見えます)。1日に何回もキャッシュを取りにきたかと思うと、数日放置されたりします。 「利益主義」・・・先に述べた売上高でも判るように検索エンジンは文字通り「ドル箱」なのです。よって顧客の利益(主として広告主と投資家)が優先されます。 それでも、ユーザーに支持されるのは、「不便以上に便利。」「利用習慣として定着している。」からです。 SEOが反映されるまでには時間がかかる。 SEOが検索エンジンの順位に反映されるまでには、数日〜数ヶ月かかります。 Googleの順位反映は本当に不安定で、外部リンクが無いとインデクスが促進されない現実が有ります。 キーワード キーワードは「入れ具合」というものがあります。ただ入れればいいというものではなく、「全体の語句の5〜8%が最適。30%超えるとスパム扱い」「ページの後半20%に入れるとマッチ率が上昇」「タグ直下のワードが優先される」など、風説も多いです。キーワードが永遠に固定であれば、調整可能ですが、キーワードにもトレンドがあり、それに追従しながら且つ各ページにランディングさせるのは至難の業です。 ドメインの問題(Googleのみ) Googleのサーチャーの判定には、エイジングフィルタが導入されていると言われていますが、それは余り意味が無いでしょう。登録から6ヶ月間は上位に表示されない事が多いのは、外部リンクされる機会が少ない、サイトの知名度が低い、トラフィックが少ないことが要因です。 順位維持 アクセスログ解析ツールを導入して分析>調整>反映を繰り返さないと順位を維持できない。クリック率が直接の順位に影響を及ぼす事は低いと見られていますが、パーソナライズ検索やChromeのトラッキングデータを見る限り、クリック率自体はGoogleに送信されています。現在の順位と何らかの相関関係にある事は間違い有りません。よって、検索結果に表示される詳細説明も重要。ここでポイントを押さえてないと、上位表示されても成果が獲得できませんん。 重要なのは入口率(Entrance)、直帰率、離脱率(バウンス)、到達率 「どのページへの進入が多いか」・・・平均的に全てのページが閲覧されれば、それは理想だが現実的にはありえない。(ユーザー統計では閲覧2ページ目以降のバウンスは80%)よって、入り口から2ページ以内に目的ページ(ゴール)を牽引する必要があります。(これが到達率)SEOだけでは直帰率、離脱率(バウンス)、到達率をコントロールできません。 SEO会社は「グレーゾーン」が多すぎる 事実上の「ドアウェイ」や、ページの自動複製(100P以上)による順位上げ、クローキング、検索ロボットが理解できないスクリプトやCSSによる「ロボット騙し」等の古い手法は少なくなったものの、まだまだ、リンクスパム、低品質なコンテンツによるスパム手口は横行しています。

歴代本塁打王(日本)

小鶴誠、青田昇、杉山悟、藤村富美男、町田行彦、佐藤孝夫、長嶋茂雄、森徹、桑田武、藤本勝巳、王貞治、田淵幸一、山本浩二、掛布雅之、大島康徳、宇野勝、ランディ・バース、リック・ランス、カルロス・ポンセ、ラリー・パリッシュ、落合博満、ジャック・ハウエル、江藤智、大豊泰昭、山崎武司、ドゥエイン・ホージー、松井秀喜、ロベルト・ペタジーニ、アレックス・ラミレス、タイロン・ウッズ、タフィ・ローズ、新井貴浩、村田修一、小笠原道大、松中信彦、フェルナンド・セギノール、アレックス・カブレラ、中村紀洋、ナイジェル・ウィルソン、トロイ・ニール、小久保裕紀、ラルフ・ブライアント、オレステス・デストラーデ、門田博光、秋山幸二、ブーマー・ウェルズ、トニー・ソレイタ、野村克也…etc

クレジットカードの現金化

寝ても覚めてもクレジットカードの現金化のことを考えていました。クレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じ事だろうか。そしてカードでお金やカード現金化も同じ事だろうか。三日三晩考え抜いたあげく自分なりにやはりクレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じで、そしてやはりカードでお金とカード現金化も同じで、もちろんこの四つは同じ意味のことであると理解しました。するとまた一つの疑問が浮かんできました。ショッピング枠とキャッシング枠はどちらが有利なのだろうか。ただ有利といってもそれは人それぞれ、状況にもよるだろうし、たとえば私がショッピング枠が有利といっても人は逆の意見をいうかもしれない。それでもクレジットカードショッピング枠の現金化のことを考えるのである。

グレード

クレジットカード(ショッピング枠)のグレードには大きく分けると8種類に分けられる。クレジットカード(ショッピング枠)にはそれぞれの特徴がありクレジットカードのグレードによってショッピングで使える金額や、顧客へのアフターケアーや、クレジットカードを維持するために、カード会社に支払う(年会費)もそれぞれ異なってくる。基本的なクレジットカード(ショッピング枠)で一般クレジットカード(ショッピング枠)一般カードの少し上のクレジットカード(ショッピング枠)でシルバークレジットカード(ショッピング枠)さらに上に行くとクレジットカード(ショッピング枠)でゴールドクレジットカード(ショッピング枠)その上にはクレジットカード(ショッピング枠)でプラチナクレジットカード(ショッピング枠)その上にはクレジットカード(ショッピング枠)でブラッククレジットカード(ショッピング枠)学生が持つクレジットカード(ショッピング枠)で学生クレジットカード(ショッピング枠)個人事業者に発行されるクレジットカード(ショッピング枠)でビジネスクレジットカード(ショッピング枠)法人(主に大企業)に発行されるクレジットカード(ショッピング枠)でコーポレートクレジットカード(ショッピング枠)と呼ばれる目的などに合わせた様々な、クレジットカード(ショッピング枠)がラインナップされている。

知ってて損はしない雑学知識

オリンピック オリンピックはゼウスの神殿のあったオリンポス(オリンピア)の名前を冠している。ここで古代オリンピックが開催された出来事から名前がついた。夏季大会と冬季大会があり、夏季オリンピック第1回は1896年にアテネ(ギリシャ)で開催され、世界大戦による中断を挟みながら継続されている。冬季オリンピックの第1回は1924年にシャモニー・モンブラン(フランス)で開催された。1994年以降は西暦が4で割り切れる年に夏季オリンピックが、4で割って2が余る年に冬季オリンピックが開催される。1994年のリレハンメル大会から2年おきに夏季大会と冬季大会を交互に開催するようになった。 ショッピング枠 現金化 クレジットカードのショッピング枠 現金化とは、いわゆるつまり、クレジットカードのキャッシング枠ではないショッピング枠(買い物枠)を現金にする(現金化)である。リボ払い(リボルビング払い)や分割払いなどの支払い方法を指定して利用することもできるが、リボ払いと分割払いの違いは、リボ払いは毎月一定金額を返済するのに対して、分割払いは利用金額(支払う金額)を回数で指定して(たとえば10回なら10ヵ月間で返済する)返済するところに違いがある。クレジットカードのショッピング枠はカードの持ち主(カード会員)によって違うが、基本的には各所有のクレジットカードのショッピング枠の利用可能額範囲内であれば現金化できるのが通常である。

ショッピング枠 現金化

クレジットカードのクレジットとは信用という意味で、カードホルダー(カード会員)をクレジットカード会社が信用しているということです。クレジットカードが登場した当初は、決済方法は翌月の一括払いのみだったようですが、現在ではほとんどのクレジットカードにおいて、定額制のリボ払い(リボルビング払い)や回数を指定できる分割払いが利用できます。またボーナス一括払いや二回払いは利息手数料がかからないのでお得です。デパートやいろんなお店と提携したクレジットカードも続々登場しており、カード利用に対してのポイントサービスも充実しています。年会費無料のクレジットカードを一括払いや二回払い、またはボーナス一括で利用し続けて、溜まったポイントを有効に活用することもできます。

© good-seo.jp 2020. All Right Reserved