ベラジョンカジノの違法性|違法なの?逮捕されるの? Vera&John

違法?逮捕される?ベラジョンカジノの実情

Vera&John

日本人プレイヤーも多く利用しているベラジョンカジノ(Vera&John)。延べ人数でおよそ19万人の日本人がベラジョンカジノを利用していると言われています。

しかし、日本でギャンブルをしても違法にならないのでしょうか。

日本にオンラインカジノの法律は存在しない

日本でギャンブルをすると「賭博法」によって裁かれるということは多くの方がご存知のことかと思います。賭博法は100年以上前に制定された「賭け麻雀」や「賭け花札」を取り締まるための法律となります。

賭博法が制定された100年以上前は、インターネットは存在しておらず、インターネットを使用した場合には対応していません。

また、賭博法の目的は胴元を取り締まるための法律であり、プレイヤーの罪は付随的なものに過ぎません。つまり、胴元が処罰の対象でない限り、プレイヤーに賭博罪が成立することはないということです。

ベラジョンカジノは海外の法律の下、正当にオンラインカジノを運営しているため、プレイヤーに賭博罪が適用されることはほぼないと言えるでしょう。

インターネットには国境がない

日本の法律はインターネットが普及される前に制定されているため、インターネットを使った脱法行為というのは現在、当たり前に存在していて日常生活に溶け込んでいるものもあります。

例えば、不正な動画を閲覧しても動画が置かれているサーバーが海外に置かれている場合は国内法で罰することができません。

オンラインカジノにおいても、海外の会社が正当に運営しているため日本で罰することは不可能なのです。

摘発が物理的に不可能

現在の日本の警察は、海外サーバーへの「捜査令状」を取ることができません。つまり、オンラインカジノにおいて個人情報のわかる「アカウントID」や賭け状況のわかる「ログファイル」などを開示させることができないのです。

政府機関、規制当局または執行機関に適用される法律または規制により要求がある場合はその限りではないとされていますが、現在の法律が変わらない限り不可能な話です。

もし、警察が日本人プレイヤーを取り締まるのであれば以下のような証拠を揃える必要があります。

・プレイヤーのアカウントID

・住所や名前などの個人情報

・入金経路、入金金額

・出金経路、出金金額

・賭けた金額、儲けた金額

・賭けが行われた時間

しかし、アカウントIDを調べることから不可能です。捜査令状のない警察がこれだけの証拠を揃えるのは物理的に不可能な話なのです。

検察は100%勝てる事件しか起訴しない

日本の検察が起訴した事件は、99.9%以上の確率で有罪判決となっています。これだけ高い有罪率になる理由は、100%勝てる事件しか検察は起訴しないためです。

つまり、オンラインカジノのような合法・違法の判断が難しい事件で、裁判の意思を示したとしてもほぼ100%起訴は取り下げられます。

オンラインカジノは法律的に曖昧で警察が揃える証拠も不十分になりやすいため、万が一逮捕されてしまった場合でも起訴されない(有罪にならない)ことがほとんどといえます。

まとめ

Vera&John

今回は、ベラジョンカジノ(Vera&John)の違法性について解説してきました。ベラジョンカジノは多くの日本人プレイヤーが利用しているカジノサイトの一つです。ベラジョンカジノは、海外の法律の下正当に運営されているため、日本の法律上取り締まることができないのが現状です。

ベラジョンカジノに限らず、全てのオンラインカジノにおいても日本の法律では取り締まることが難しく、逮捕されることはほぼ無いと思っていいでしょう。しかし、中には悪質なカジノサイトも存在しているため、信頼性や安全性には注意してオンラインカジノをプレイするようにしましょう。

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© good-seo.jp 2020. All Right Reserved