Wolf Goldは勝ちやすいの?概要や魅力的なボーナスを徹底解説

Wolf Goldとは Wolf Gold(ウルフゴールド)は、ジブラルタル、マルタ、フィリピン、英国にオフィスを構える世界的なプロバイダとしてオンラインカジノプレイヤーに広く知られている「Pragmatic Play社」が開発したビデオスロットです。 今では、Wolf GoldがPragmatic Play社の代表ゲームとまで言われています。 Wolf Goldでは、オオカミやハクトウワシ、バッファローといった北アフリカ大陸の動物たちがシンボルとなっています。 Wolf Goldの絵柄 高額配当絵柄として「動物」が4種類、低額配当絵柄として「A,K,Q,J」の絵柄があります。絵柄はリールの左から右に向かって3個以上揃った場合、配当が成立となります。 また、高額配当絵柄と低額配当絵柄の他に、ワイルド絵柄である「オオカミの顔」、フリースピンの鍵を握る「SCATTER(スキャッター)」、大当たりの鍵を握るお月様の「マネーシンボル」があります。 ・オオカミの顔 ワイルド絵柄となっており、スキャッターとマネーシンボル以外であればどの絵柄にも代替えできる機能を持っています。 ・スキャッター リールの「1,3,5」にのみ出現し、一度に3つ出れば「5回のフリースピン 」を獲得することができます。 ・マネーシンボル マネーシンボルは輝くお月様の絵柄となっています。表示されている数字が賞金となり、合計額を獲得することができます。 Wolf Goldのボーナス Wolf Goldには、「フリースピン」と「マネーリスピン」の2種類のボーナスゲームがあります。 ・フリースピン  「スキャッター」が3つ揃うと「3回以上のフリースピン 」を獲得することができます。フリースピン中は、5リール中の2〜4リールに「巨大シンボル」が出現します。 巨大シンボルは同じ絵柄が揃った状態になるため、巨大シンボルの無い残りのリールに出る絵柄との組み合わせで配当が決まる仕組みとなっています。 巨大シンボルが高額配当を出す絵柄の場合は、大きな配当を期待することができます。 また、フリースピン中に「スキャッター」が3つ出た場合、さらに3回以上のフリースピンが追加されます。これは運が良ければ無制限に続くため、フリースピンラウンドが延長すればするほど高額賞金の期待も高くなります。 ・マネーリスピン お月様の絵柄である「マネーシンボル」が6つ以上出た場合、マネーリスピン機能がスタートします。このマネーリスピンが「ジャックポット」に繋がる仕組みにもなっています。 配当成立後、マネーシンボルのみが残り、その他の場所は空白になります。そこから「3リスピン」がスタートします。 3リスピン中にマネーシンボルが出れば「マネーシンボルはリールに固定」&「リスピン残り3回」にリセットされます。つまり、マネーシンボルが出る限りリスピンは連鎖するのです。 リスピンはマネーシンボルが出なくなった時点で終了します。終了後は、マネーシンボルに表示されている金額の合計額を獲得することができます。 さらに、リスピン連鎖が続き、マネーシンボルが全リールの15個揃うと「ジャックポット」獲得となります。 ジャックポットは「MINI(ミニ)」、「MAJOR(メジャー)」、「MEGA(メガ)」の3種類を搭載しており、ミニジャックポットは「ベット額の30倍」、メジャージャックポットは「ベット額の100倍」、メガジャックポットは「ベット額の1,000倍」もの配当を獲得することができます。 まとめ 今回は、Wolf Goldの概要と魅力的なボーナス機能について解説してきました。Wolf Goldは、北アフリカ大陸の動物たちがシンボルとなっており、親しみやすいビデオスロットとして人気があります。 ボーナス機能が「フリースピン」と「マネーリスピン」の2種類があり、共に大きな配当を期待できる内容となっています。また、ジャックポット機能も搭載されているため、ビデオスロットで一攫千金を狙ってみたい方にはおすすめです。

ベラジョンカジノの違法性|違法なの?逮捕されるの? Vera&John

違法?逮捕される?ベラジョンカジノの実情 日本人プレイヤーも多く利用しているベラジョンカジノ(Vera&John)。延べ人数でおよそ19万人の日本人がベラジョンカジノを利用していると言われています。 しかし、日本でギャンブルをしても違法にならないのでしょうか。 日本にオンラインカジノの法律は存在しない 日本でギャンブルをすると「賭博法」によって裁かれるということは多くの方がご存知のことかと思います。賭博法は100年以上前に制定された「賭け麻雀」や「賭け花札」を取り締まるための法律となります。 賭博法が制定された100年以上前は、インターネットは存在しておらず、インターネットを使用した場合には対応していません。 また、賭博法の目的は胴元を取り締まるための法律であり、プレイヤーの罪は付随的なものに過ぎません。つまり、胴元が処罰の対象でない限り、プレイヤーに賭博罪が成立することはないということです。 ベラジョンカジノは海外の法律の下、正当にオンラインカジノを運営しているため、プレイヤーに賭博罪が適用されることはほぼないと言えるでしょう。 インターネットには国境がない 日本の法律はインターネットが普及される前に制定されているため、インターネットを使った脱法行為というのは現在、当たり前に存在していて日常生活に溶け込んでいるものもあります。 例えば、不正な動画を閲覧しても動画が置かれているサーバーが海外に置かれている場合は国内法で罰することができません。 オンラインカジノにおいても、海外の会社が正当に運営しているため日本で罰することは不可能なのです。 摘発が物理的に不可能 現在の日本の警察は、海外サーバーへの「捜査令状」を取ることができません。つまり、オンラインカジノにおいて個人情報のわかる「アカウントID」や賭け状況のわかる「ログファイル」などを開示させることができないのです。 政府機関、規制当局または執行機関に適用される法律または規制により要求がある場合はその限りではないとされていますが、現在の法律が変わらない限り不可能な話です。 もし、警察が日本人プレイヤーを取り締まるのであれば以下のような証拠を揃える必要があります。 ・プレイヤーのアカウントID ・住所や名前などの個人情報 ・入金経路、入金金額 ・出金経路、出金金額 ・賭けた金額、儲けた金額 ・賭けが行われた時間 しかし、アカウントIDを調べることから不可能です。捜査令状のない警察がこれだけの証拠を揃えるのは物理的に不可能な話なのです。 検察は100%勝てる事件しか起訴しない 日本の検察が起訴した事件は、99.9%以上の確率で有罪判決となっています。これだけ高い有罪率になる理由は、100%勝てる事件しか検察は起訴しないためです。 つまり、オンラインカジノのような合法・違法の判断が難しい事件で、裁判の意思を示したとしてもほぼ100%起訴は取り下げられます。 オンラインカジノは法律的に曖昧で警察が揃える証拠も不十分になりやすいため、万が一逮捕されてしまった場合でも起訴されない(有罪にならない)ことがほとんどといえます。 まとめ 今回は、ベラジョンカジノ(Vera&John)の違法性について解説してきました。ベラジョンカジノは多くの日本人プレイヤーが利用しているカジノサイトの一つです。ベラジョンカジノは、海外の法律の下正当に運営されているため、日本の法律上取り締まることができないのが現状です。 ベラジョンカジノに限らず、全てのオンラインカジノにおいても日本の法律では取り締まることが難しく、逮捕されることはほぼ無いと思っていいでしょう。しかし、中には悪質なカジノサイトも存在しているため、信頼性や安全性には注意してオンラインカジノをプレイするようにしましょう。

ラッキーニッキーの初回入金ボーナスと出金条件を徹底解説 |LuckyNiki

ラッキーニッキーの初回入金ボーナスの貰い方 ラッキーニッキー(LuckyNiki)で初回入金ボーナスを貰うためには、「ボーナスコード」が必要となってきます。ここでは、ラッキーニッキーの初回入金ボーナスの貰い方を解説します。 1.「ボーナスコード」を取得する ボーナスコードの取得は、「メニュー」の「日替わりプロモ」を選択してください。 2.2種類のボーナスから好きなボーナスを選択する 「日替わりプロモ」から「入金額100%最大333ドルのボーナス」もしくは「フリースピンのボーナス」どちらかを選択してください。 3.選択後「今すぐ入金」を押す 2種類のボーナスのいずれかを選択したら「今すぐ入金」ボタンを押してください。 4.入金金額を入力する 「今すぐ入金」ボタンを押すと入金画面に移るため、入金金額を入力してください。「ボーナスコード」は自動的に入力されるため、そのまま入金すればOKです。 5.ボーナス残高を確認する 入金処理が終了すると、アカウントへ「現金」と「ボーナス」が残高に反映されています。 初回入金ボーナスは初回入金から3回目まで獲得できるため、2回目以降も同様の手順で獲得しましょう。 初回入金ボーナスは2種類ある? ラッキーニッキーの初回入金ボーナスは「入金額100%最大333ドルのボーナス」と「フリースピンのボーナス」の2種類があります。 ここでは、2種類の初回入金ボーナスのそれぞれの特徴について解説します。 入金額100%最大333ドルのボーナス 「入金額100%最大333ドルのボーナス」は、名前の通り333ドル入金した場合、100%の333ドルのボーナスを獲得できるボーナスとなっています。 初回のみではなく、2回目と3回目も同様に最大333ドルのボーナスを獲得することができるため、最大で999ドルのボーナスを獲得することができるのです。 フリースピンのボーナス 「フリースピンのボーナス」は、1ドル入金毎に1ドル分のフリースピンを受け取ることができるボーナスです。 実際にスロットでフリースピンをプレイする際は、1回転0.5ドルのため1ドル分で2回転のフリースピンをすることができます。つまり、100ドル入金した場合は200回転分のフリースピンをすることができるのです。 どちらのボーナスがお得なの? 「入金額100%最大333ドルのボーナス」と「フリースピンのボーナス」ではどちらがお得なのでしょうか。結論から言うと断然「入金額100%最大333ドルのボーナス」の方がお得です。 その理由は、「入金額100%最大333ドルのボーナス」で獲得したボーナス額で1回転0.5ドルの好きなスロットをプレイすればいいからです。また、「フリースピンのボーナス」の場合は1回転0.5ドルと縛りがありますが、「入金額100%最大333ドルのボーナス」の場合はベット額を上げてプレイすることもできます。 ラッキーニッキーの初回入金ボーナス出金条件 ラッキーニッキーで獲得したボーナス額を出金するためには条件があります。その条件は、「現金+ボーナスの15倍」です。 例えば、100ドル入金した場合「現金100ドル+ボーナス100ドル=200ドル」となり、「200ドル×15倍=3,000ドル」が出金条件となります。 ラッキーニッキーの初回入金ボーナスは、現金とボーナスが一体化となるため現金もボーナス扱いとなります。つまり、出金条件を満たし大きく勝つか現金とボーナスを全て失うのかの2択となります。 まとめ 今回は、ラッキーニッキー(LuckyNiki)の初回入金ボーナスの概要と出金条件について解説してきました。ラッキーニッキーの初回入金ボーナスは「入金額100%最大333ドルのボーナス」と「フリースピンのボーナス」の2種類ありますが、「入金額100%最大333ドルのボーナス」の方がお得に利用できるためおすすめです。 また、初回入金ボーナスを出金するためには、「現金+ボーナスの15倍」の出金条件が設定されているため注意しましょう。 お得な初回入金ボーナスが貰えるラッキーニッキーでカジノをプレイしてみてはいかがでしょうか。

ラッキーニッキーの魅力的なVIPプログラムをご紹介 |LuckyNiki

ラッキーニッキーのVIPラウンジとVIPポイントとは? ラッキーニッキー(LuckyNiki)をリアルマネーでプレイすることで、「VIPポイント」と呼ばれるポイントを獲得することができます。 毎月1日に前月分のVIPポイントの集計を行い、獲得したポイントによってVIPレベルが決まる仕組みとなっています。そのVIPレベルによって、様々な特典やサービスを受けることができるようになります。 各ゲームによってVIPポイントの付与割合は異なり、「スロットは20ドル」「ルーレット、ブラックジャック、バカラは80ドル」「ポーカーは160ドル」のベット額に対して「1ポイント」となっています。 ラッキーニッキーのVIPラウンジのランクの種類と必要ポイントは? ラッキーニッキー(LuckyNiki)でVIPレベルを上げるためには、リアルマネーでプレイしてVIPポイントを獲得していく必要があります。では、どのくらいのポイントを獲得する必要があるのでしょうか。 VIPレベルの種類とランクアップに必要なVIPポイントをご紹介します。 ・ブロンズ:0〜400ポイント ・シルバー:401〜1,000ポイント ・ゴールド:1,001〜2,000ポイント ・プラチナ:2,001〜20,000ポイント ・ダイヤモンド:20,001〜80,000ポイント ・レッドダイヤモンド:80,001ポイント以上 プラチナ会員になるためには、スロットで計算すると「20ドル×2,001=40,020ドル」以上のリアルマネーでのプレイが必要になるということです。 少しハードルは高いですが、様々なお得な特典が用意されているため一度狙ってみてはいかがでしょうか。 ラッキーニッキーのVIPレベル毎のお得な特典やサービスは? ラッキーニッキー(LuckyNiki)でVIPレベルが上がることでどのような特典やサービスを受けることができるのでしょうか。 特典内容は全部で9種類あり、VIPレベル毎に利用できるものとできないものがあります。 ・レベルアップボーナス ゴールド以上のレベルで獲得することができます。 ・レベル維持ボーナス ゴールド以上のレベルで獲得することができます。 ・月間スペシャルボーナス シルバー以上のレベルで獲得することができます。 ・日替わりプロモ 全レベルで獲得することができます。 ・より大きい入金限度額 ゴールド以上のレベルで利用可能となります。 ・最速出金サービス、スペシャルプロモーション、VIPアカウントマネージャー、お誕生日ボーナス プラチナ以上のレベルで利用または獲得することができます。 VIPエグゼクティブ会員になると更にお得な特典がある? ラッキーニッキー(LuckyNiki)のVIPラウンジでも上級会員(VIPエグゼクティブ)になると、通常特典よりも更にお得な特別特典を受けることができます。 VIPエグゼクティブ特典 ・莫大なレギュラーボーナス ・VIPアカウントマネージャーサポート ・エキサイティングな世界的に有名なイベントへの招待 ・ビッグマネーへのチャンス、スペシャルプロモーション ・毎月大量のフリーボーナス賞金 ・より早い出金処理 ラッキーニッキーのVIPランクは降格するの? ラッキーニッキー(LuckyNiki)のVIPラウンジでのVIPランクは毎月集計を行っているため、プレイしなくなれば自然と降格してしまいます。 しかし、降格する際は1ランクずつと決まっているため、プラチナ会員からブロンズ会員へといきなり降格するようなことはありません。 降格せずにVIPランクを維持することができれば、毎月何度もお得な特典を受け取ることができます。 まとめ 今回は、ラッキーニッキー(LuckyNiki)の魅力的なVIPプログラムについて解説してきました。ラッキーニッキーではVIPポイントというポイント制度があり、ポイントを貯めることによってVIPレベルが決まる仕組みとなっています。 VIPポイントを獲得するためには、リアルマネーでベットする必要があります。少しハードルは高いですが、達成することによりお得な特典を受けることができるため、是非一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

サイトワイド / Site Wide / サイトワイド・リンク

サイトワイド 「サイト全体」「サイト共通」という意味。ROS(Run of Site)とも言う。ブログやCMSの場合、ヘッダやフッタ、サイドバー等の共通コンテンツを「サイトワイド」と呼ぶ。 質の低いサイトからのサイトワイド被リンク(サイトワイド・リンク / Site Wide Inbound Link)は旧来のSEO手法として多用されたため、ペンギンアップデート等でスパムと判定されるケースが増えている。 Googleの自動判定アルゴリズムはサイトワイドからのリンクを1つに束ねて判定するため、SEO対策としての効果は薄く、リスクが強調される傾向にある。このため、1ドメイン1リンク以上は意味がない。スパムをターゲットとしたペンギンアップデート等のペナルティアルゴリズムは、これらサイトワイドリンクをマークし目視による判定を行っている。

ROS / Run of Site

アール・オー・エス。Run of Siteの略語。サイトワイドの同義語。ROSリンクとはサイト全体にアウトバウンドリンクを設置する被リンク対策(リンクビルディング)を指す。 現在のGoogle検索ではリンク数に関わらずドメイン1つに1つの評価しか与えないためROSリンクは意味が無く、むしろペナルティと判断されマニュアル・アクション(Manual Action / 手動ペナルティ)の対象となる場合がある。

スクレイピング(ウェブスクレイピング)

ウェブスクレイピング(Web scraping)とは、ウェブサイトから情報を抽出するコンピュータソフトウェア技術のこと。-Wikipedia スクレイプ scrape(英)翻:かき集める、削る ウェブサイトの一部分だけを抽出し、データの必要な部分だけ抽出して利用し、「価値あるページ」とするもの。人が一定視点で編集することで、検索エンジンの検索結果よりも精度の高いリンクコンテンツ集になるなど、人の力でスクレイピングしたコンテンツは一定の需要がある。 スクレイピングで最も成功した事例は「Naverまとめ」であろう。 スパムとしてのウェブスクレイピング 一定の思想、思考に基づいたスクレイピングは需要が有り、それを認知してか、Googleの評価が必要以上に高い。記事作者本人サイトより、Naverまとめに要約だけ載せたサイトの方が上位になってしまう事態も起きている。 機械的なスクレイピングの意図は登録したRSSなどからコンテンツを大量にスクレイピングし、コンテンツスパム化したサイトを、対パンダ用に悪用した。

欧米と日本のシェア格差

2006年第一四半期決算で米Yahoo!は売上高が15億6700万ドル。(前年同期比34%増)、純利益が1億6000万ドル。(同22%減)。純利益が減少したのはストックオプション費用を計上したためで、これを除くと実質的な純利益は2億3100万ドル(同19%増)となっていました。  対してGoogleは売上高が22億5000万ドル(前年同期比79%増)、純利益が5億9200万ドル(同60%増)とそれぞれ過去最高を更新しました。 第2四半期(4〜6月期)決算は、売上高が前年同期比で77%増えて24億6000万ドル、純利益は7億2100万ドル。(1株当たり2.33ドル。)となり、さらに拡大。 (電通のグループ連結売り上げが年間約2兆円:1ドル=110円換算で180億ドル。) 10年前の検索エンジンの収益です 当時のシェアは欧米ではGoogle=50〜60%に対しYahoo!は30%を切っています。MSNに至っては10%以下でした。 10年後の現在 10年経った現在、Google決算は増収増益 通年売上高は500億ドルを突破し、シェアは世界的にも平均60~70%をキープ。当時より人口は圧倒的に増えていますからGoogleの高いシェア維持が売り上げの中心である事が判ります。 特に日本ではのGoogle検索のシェアは圧倒的です。 かつてYahoo!サーチが70%を超え、Yahoo!カテゴリとも活用されていました。対してGoogleは30%〜50%で推移、MSNも30%に近かったのです。(総計が100%超えてしまうのは調査が複数回答のため。ニールセン調べ) しかし、いまではYahoo!日本がGoogle検索を採用しているためシェアは95%!? 独占状態です。Yahoo!も独自の改造を行っていますが、今後も当面はGoogle優勢となります。よって、SEO(Search Engie Optimization)といえばGoogle検索対策なのです。

検索エンジンとは

検索エンジンは「傲慢で、自己中心的で、利益主義」です。 「傲慢」・・・検索エンジンは独自のアルゴリズムとキーワード辞書、キャッシュの解析システムで成立しています。 「自己中心的」・・・検索エンジンロボットのクロールは気まぐれ(に見えます)。1日に何回もキャッシュを取りにきたかと思うと、数日放置されたりします。 「利益主義」・・・先に述べた売上高でも判るように検索エンジンは文字通り「ドル箱」なのです。よって顧客の利益(主として広告主と投資家)が優先されます。 それでも、ユーザーに支持されるのは、「不便以上に便利。」「利用習慣として定着している。」からです。 SEOが反映されるまでには時間がかかる。 SEOが検索エンジンの順位に反映されるまでには、数日〜数ヶ月かかります。 Googleの順位反映は本当に不安定で、外部リンクが無いとインデクスが促進されない現実が有ります。 キーワード キーワードは「入れ具合」というものがあります。ただ入れればいいというものではなく、「全体の語句の5〜8%が最適。30%超えるとスパム扱い」「ページの後半20%に入れるとマッチ率が上昇」「タグ直下のワードが優先される」など、風説も多いです。キーワードが永遠に固定であれば、調整可能ですが、キーワードにもトレンドがあり、それに追従しながら且つ各ページにランディングさせるのは至難の業です。 ドメインの問題(Googleのみ) Googleのサーチャーの判定には、エイジングフィルタが導入されていると言われていますが、それは余り意味が無いでしょう。登録から6ヶ月間は上位に表示されない事が多いのは、外部リンクされる機会が少ない、サイトの知名度が低い、トラフィックが少ないことが要因です。 順位維持 アクセスログ解析ツールを導入して分析>調整>反映を繰り返さないと順位を維持できない。クリック率が直接の順位に影響を及ぼす事は低いと見られていますが、パーソナライズ検索やChromeのトラッキングデータを見る限り、クリック率自体はGoogleに送信されています。現在の順位と何らかの相関関係にある事は間違い有りません。よって、検索結果に表示される詳細説明も重要。ここでポイントを押さえてないと、上位表示されても成果が獲得できませんん。 重要なのは入口率(Entrance)、直帰率、離脱率(バウンス)、到達率 「どのページへの進入が多いか」・・・平均的に全てのページが閲覧されれば、それは理想だが現実的にはありえない。(ユーザー統計では閲覧2ページ目以降のバウンスは80%)よって、入り口から2ページ以内に目的ページ(ゴール)を牽引する必要があります。(これが到達率)SEOだけでは直帰率、離脱率(バウンス)、到達率をコントロールできません。 SEO会社は「グレーゾーン」が多すぎる 事実上の「ドアウェイ」や、ページの自動複製(100P以上)による順位上げ、クローキング、検索ロボットが理解できないスクリプトやCSSによる「ロボット騙し」等の古い手法は少なくなったものの、まだまだ、リンクスパム、低品質なコンテンツによるスパム手口は横行しています。

歴代本塁打王(日本)

小鶴誠、青田昇、杉山悟、藤村富美男、町田行彦、佐藤孝夫、長嶋茂雄、森徹、桑田武、藤本勝巳、王貞治、田淵幸一、山本浩二、掛布雅之、大島康徳、宇野勝、ランディ・バース、リック・ランス、カルロス・ポンセ、ラリー・パリッシュ、落合博満、ジャック・ハウエル、江藤智、大豊泰昭、山崎武司、ドゥエイン・ホージー、松井秀喜、ロベルト・ペタジーニ、アレックス・ラミレス、タイロン・ウッズ、タフィ・ローズ、新井貴浩、村田修一、小笠原道大、松中信彦、フェルナンド・セギノール、アレックス・カブレラ、中村紀洋、ナイジェル・ウィルソン、トロイ・ニール、小久保裕紀、ラルフ・ブライアント、オレステス・デストラーデ、門田博光、秋山幸二、ブーマー・ウェルズ、トニー・ソレイタ、野村克也…etc

© good-seo.jp 2020. All Right Reserved